センナル錠[緩下剤]

にほんブログ村 病気ブログ 二分脊椎へ 脳・神経・脊髄の病気 先天性の病気

2007年12月20日

薬

二分脊椎症(spina bifida)である私が、直腸障害に伴う便秘症の治療またはその症状改善の為に実際に病院から処方されたお薬『センナル錠』についての説明です。お薬の服用にあたっては、必ず処方する医師の指示に従って頂くようお願い致します。

センナル錠について

センナル錠 便秘の薬。緩下剤。

[薬のはたらき]
便秘の薬です。緩下剤。

[注意事項]
黄褐色または赤味がかった尿がでることがあります。

[副作用]
発疹、腹痛、悪心・嘔吐、複鳴などが現われる事があります。

-私の処方-
センナル錠12mg、1日1回1錠を就寝前に服用。

-センナル錠の使用感-
管理人からちょっと一言・・・ センナル錠を寝る前に服用すると翌日の朝には排便して‘便秘というの状態’を解消出来るのですが、私の場合は腹痛、下痢(軟便)の症状が出てしまうことがありました。私に限らず二分脊椎症による直腸障害の方なら‘下痢症状’なると‘便を漏らしてしまう’ということが一番嫌なものです。

センナル錠関連情報
三牧ファミリー薬局



スポンサードリンク

コメント

この記事へのコメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

トラックバック

タグクラウド
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。