HOME 処方された治療薬の説明とその使用感 > デュオアクティブET[創傷ドレッシング(被覆)材]

デュオアクティブET[創傷ドレッシング(被覆)材]

にほんブログ村 病気ブログ 二分脊椎へ 脳・神経・脊髄の病気 先天性の病気

2007年12月24日

薬

二分脊椎症(spina bifida)である私が、褥瘡(じょくそう)治療またはその症状改善の為に実際に病院から処方されたお薬『デュオアクティブET』についての説明です。お薬の服用にあたっては、必ず処方する医師の指示に従って頂くようお願い致します。

デュオアクティブET

[薬のはたらき]
真皮までの創傷に対する創の保護、湿潤環境の維持、治癒の促進、疼痛の軽減。創傷ドレッシング(被覆)材。ハイドロコロイド ドレッシング

[注意事項]
室温で保存

[副作用]
-

-私の処方-
デュオアクティブET10×10、傷の形・大きさにカットし貼付。

-デュオアクティブETの使用感-
管理人からちょっと一言・・・ デュオアクティブETは二分脊椎症の障害により下肢の感覚が鈍い為に右足裏部に出来た傷が長期に渡り治らず、その褥瘡(じょくそう)治療の際に使用していました。デュオアクティブETを創傷部に貼ると、まるで膿みのようにも見える傷からの体液が出てきます。その白っぽい体液によりデュオアクティブETの表面が盛り上がり、触るとプニュプニュとした感触で、デュオアクティブETの端部から体液が漏れたりすると張り替えていました。今までは‘傷’と言えば市販の‘絆創膏’というイメージでしたが、このデュオアクティブETは全く違うものでした。絆創膏の場合は水濡れなどで剥がれやすくなりあまり長持ちしないものでありますが、デュオアクティブETは水濡れどころかお風呂も普通に入ることが出来るのでとても使い勝手の良いものです。見た目は肌の色に近いゴムのような感触で10cm×10cmの正方形のものを使用しましたが、傷の大きさや形状に自由自在にカットして使えるのでかなり重宝するものです。残念ながらこのデュオアクティブETは市販はされていないのですが、近年、ハイドロコロイドを使用したデュオアクティブETと同等な製品が発売され話題をよんでいるようです。普通の絆創膏と比較すると少し高価なものですが一度貼ると数日使えることもあり、傷の治癒促進もあるようです。これからは高くても使用したいと思う製品です。

デュオアクティブET関連情報
デュオアクティブ ET



関連ページ



スポンサードリンク

コメント

この記事へのコメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

トラックバック

タグクラウド
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。