HOME 処方された治療薬の説明とその使用感 > ハイドロサイト薄型[創傷ドレッシング(被覆)材]

ハイドロサイト薄型[創傷ドレッシング(被覆)材]

にほんブログ村 病気ブログ 二分脊椎へ

2008年02月18日

薬

潜在性二分脊椎症である私が、創傷(褥瘡(じょくそう))の治療またはその症状改善の為に実際に病院から処方された創傷被覆保護材『ハイドロサイト薄型』についての説明です。

使用にあたっては、必ず処方する医師の指示に従って頂くようお願い致します。

ハイドロサイト薄型について

[薬のはたらき]
真皮までの創傷に対する創の保護、湿潤環境の維持、治癒の促進、疼痛の軽減。
創傷ドレッシング(被覆)材
自着性ポリウレタンドレッシング

[注意事項]
創感染のある場合には慎重に使用すること。
再使用禁止。
高温多湿を避けて、25℃以下で保管。

[副作用]
-

私の処方

ハイドロサイト薄型(局所管理フォーム状創傷被覆・保護材)5cm×6cm、傷の形・大きさにカットし貼付。

ハイドロサイト薄型の使用感

管理人からちょっと一言・・・ 右足底部の褥瘡治療の為にガーゼを固定していた粘着テープ(ビニールテープ)による被れで水ぶくれがつぶれてしまうことがありました。

その水ぶくれを治療する為に最初は同じ創傷被覆剤であるデュオアクティブETを使っていましたが、創部からの滲出液が多かったので病院側からハイドロサイト薄型を試しに使用して下さいということで貰いました。

デュオアクティブETに比べて滲出液の漏れがないように思い、それにより交換回数も減りました。

しかし、吸収性が良い為なのか、ハイドロサイト薄型を貼ったそのままの状態で入浴をすると、入浴時の水をも吸収してしまい被覆材端部めくれてしまいました。

この点では、デュオアクティブETの方が良いのかなという感想です。

ハイドロコロイド素材ではコスパ最強(愛用中のものをご紹介)

市販されているハイドロコロイド素材の中ではキズパワーパッドが一般的に知られていると思いますが、なんと言ってもコスパが悪すぎるんですよね(泣)。

それでたどり着いたものが「ズイコウ ハイドロコロイド包帯 HCARR」というものです。

ダントツにコスパがいいと思います。

ちょっとした傷の絆創膏代わりとして躊躇なく使えるので、もう当分手放せないことでしょう。

水に濡れたりした時などの貼り替えもなくなるので、とても重宝してます

関連ページ

コメント

この記事へのコメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

トラックバック